経営陣

夫馬 賢治 Kenji Fuma

夫馬 賢治
夫馬 賢治代表取締役CEO

Profile

略歴
1980年生まれ。東京大学教養学部国際関係論卒。米サンダーバード国際経営大学院MBA修了。米ハーバード大学大学院在籍(サステナビリティ専攻)。株式会社リクルート 斡旋カンパニー/HRカンパニー(現:株式会社リクルートキャリア)で経営企画、事業企画、新規事業開発、IT、法人営業を担当し、退職後、現職。リクルート時代に経済産業省「情報大航海プロジェクト」リクルートチームプロジェクトマネージャーも担当。ΒΓΣ(ベータ・ガンマ・シグマ)会員。ΠΣΑ(パイ・シグマ・アルファ)会員。第53回日米学生会議参加者。
  • ハーバード大学大学院 MLA(サステナビリティ専攻)在籍
  • サンダーバード国際経営大学院 MBA
  • Responsible Investorメンバー
  • 英国IEMA認定サステナビリティ(CSR)プラクティショナー

言語
  • 日本語(Native)
  • 英語 (Fluent, 米国MBA卒)
  • 中国語(繁体・簡体)(Moderate, 新HSK6級)
  • スペイン語(Moderate)
講演
  • 気候ネットワーク設立20周年記念フォーラム 2018年6月

    「金融の流れで変わる世界」
  • 自然エネルギー財団・英国大使館共催フォーラム 2018年5月

    「最新情報:ダイベストメントとファイナンスセクターの動き」
  • セイリュウ・アセット・マネジメント主催年金基金フォーラム 2018年5月

    「グローバル文脈で理解するESG投資」
  • 一般社団法人企業研究会 2018年5月

    「ESG投資家から評価される企業とは?~ダボス会議「Global 100」を題材に~」
  • サステナビリティ・プラクティショナー研修ゲスト講師 2018年3月

    「ESG投資の動向と戦略的企業情報開示」
  • 早稲田ビジネススクール 2017年11月

    「グローバル経営とサステナビリティ」
  • サステナビリティ・プラクティショナー研修 2017年10月

    「ESGインデックスとIRを正しく理解する」
  • 三菱総合研究所・未来共創イノベーションネットワーク・金融部会 2017年6月

    「海外インパクト投資の動向」
  • 350.org Japan Earth Choice Festa 2017年5月

    「気候を守るエシカルビジネス」トークセッション
  • セミナー@衆議院第一議員会館 2017年4月

    「石炭火力発電所の経済的リスク」
  • 神戸CSR研究会 2017年4月

    「金融安定理事会の気候関連財務情報開示タスクフォース最終報告書案と今後のリスク評価に向けた考察」
  • 国際資源エネルギー学生会議フォーラム 2016年12月

    「エネルギーシフトを支援する金融のあり方」
  • 全国シンポジウム 市民が進める温暖化防止2016 2016年12月

    「気候変動リスクとダイベストメント」
  • Fair Financeセミナー 2016年9月

    「欧米の金融機関が認識する座礁資産リスクとダイベストメント(投資撤退)の最新動向」
  • 株式会社環境管理会計研究所 2016年7月

    「アセットクラスとESG投資手法」@東京
  • 株式会社環境管理会計研究所 2016年6月

    「アセットクラスとESG投資手法」@大阪
  • Earth Day 2016@代々木公園 2016年4月

    「金融リスクと地球温暖化:ダイベストメントって何?」
  • 一般社団法人企業研究会 2015年12月

    「欧米における非財務情報開示・レポーティング・ESG投資の最新動向」

  • 一般社団法人ソーシャルプロダクツ普及推進協会 2015年12月

    「マクロ視点で振り返る2015年のソーシャル」
  • 神戸CSR研究会 2015年7月

    「各アセットクラスにおけるESG投資の海外動向」
書籍・寄稿
  • 「日本経済新聞」(2018年2月3日朝刊)7面にコメント掲載
  • 「日本経済新聞」(2017年12月4日夕刊)1面にコメント掲載とデータ提供
  • 「毎日新聞」(2017年7月19日号)6面にコメント掲載
  • 「プレジデント」(2017年5月15日号 [4月24日発売])にインタビュー記事掲載
  • 「日経産業新聞」(2017年4月14日)にインタビュー記事掲載
  • 「月刊 事業構想」別冊誌「環境ビジネス」(2016年8月号)に電話取材対応記事掲載
  • 「月刊 事業構想」別冊誌「環境ビジネス」(2013年春号)に寄稿